【衝撃!】ボクシング死亡事故。岡田哲慎選手(JBCが話した)

ScreenClip
スポンサードリンク

本日、1月6日に東京、後楽園ホールで悲しい死亡事故が起こりました。

 

 

ボクシング、デビュー戦で華々しく

 

 
ScreenClip

 

 
リングに上がったボクサー岡田哲慎選手(21歳)

 


4回戦中、4ラウンドTKO負けをし
試合後に…岡田哲慎選手は

 

 

 
急性硬膜下血腫でお亡くなりになられました。

 

 

スタッフやJBC関係者が話した内容では?

 

 

 
岡田哲慎選手の試合内容は激しい乱打戦は無く

 
よくあるTKO負けをしたのですが試合直後に岡田哲慎選手は意識を失い。

 

 

 
そのまま救急車で病院へ運ばれ緊急オペを致しましたが。
ダメージが大きかったのか

 

 

 
岡田哲慎選手は帰らぬ人となりました。

 

 

 

 

 

過去のボクシング死亡事故は?

 

 

 

今回の死亡事故でJBCが始まってから岡田哲慎選手で

 

 
38件目となります。

 

 
岡田哲慎選手以外に死亡したボクシング選手は?

 

 

 
元世界チャンピョンの大場政夫選手

 

 
薬師寺保栄選手もデビュー戦で対戦相手が死亡した事例もあります。

 

 

 
ScreenClip

 
また、最近での死亡事故は2010年には岡田哲慎選手と同じ症状で

 

 
八巻裕一選手が急性硬膜下血腫でお亡くなりになりました。

 

 

 
命をかけたボクシングの試合これ以上、岡田哲慎選手みたいな

 

 



死亡事故が無いようにJBCもルールを改めて欲しいものですね。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る