ソチ五輪 葛西紀明 スキージャンプで銀獲得つぎは原田のジャンプ団体

ScreenClip
スポンサードリンク

2月16日にソチオリンピック

男子ラージヒルが行われソチオリンピック出場で7回目となる

葛西紀明選手が見事、銀メダルを獲得しました!

 

ScreenClip

 
あっ間違いました。
こっちは葛西は葛西でも葛西紀明じゃなく

 

元阪神・葛西稔選手でした。

 

ちなみに葛西選手から葛西紀明選手へ向けた

コメントは無いみたいです。

 

今回の銀メダルを獲得した葛西紀明選手ですが

ソチ五輪で7度目の出場なんて

中々出来たものじゃないと思います

 

ScreenClip

 

こっちが本当の葛西紀明選手です。

葛西紀明選手は一回目のジャンプでは139メートルを飛び
2回目は133.5メートルの記録を叩き出し

見事銀メダルを獲得となりました。

 

銀メダル獲得 葛西紀明のコメント

 

 

葛西紀明選手は試合後に誰が勝ってもおかしくない状況で

銀メダルをとれたと話しており

 

 

自分を褒めたいと讃え20年前に葛西紀明選手が

 

出場したリレハンメル五輪の時より

 

比べ物にならないくらい嬉しいと話しておりました。

 
またジャンプ団体が次に控えているので金メダルも狙いたいと

熱く語っていました。

 
長野五輪団体で金メダルを獲得した

 

原田雅彦からの祝福のコメント

 

 

ジャンプ団体と言ったらこの男!

元祖日の丸飛行隊の原田雅彦選手ですね。

 

 

 
今回の葛西紀明選手の銀メダルには…

 

 

やりましたね~レジェンドだ!

 

本当にレジェンドだと感極まっており
メダルを取ると宣言して取れるものじゃないと褒め称えてました。

 

 

ScreenClip

 

 

まだ記憶に残っている人も居るかもしれませんが

当時の原田雅彦選手の泣いているのか笑っているのか分からない

 

 

泣き方でのインタビューには日本中が感動しました。

 

実は原田雅彦選手が長野五輪で

スキージャンプ団体で

金メダルを獲得した時は葛西紀明選手は

 

左足首を痛めてジャンプ団体メンバーから外れていたそうです。

葛西紀明選手も相当な思いで競技に挑んでいたと思います。

 

葛西紀明 厳しい規定で失格にはならないでほしい

 

 

葛西紀明選手が次に出場しますスキージャンプ団体は

 

どうやら規定が厳しいらしく

先程、話したジャンプ団体の金メダリスト

原田雅彦選手は常連と言う程、失格を繰り返してました。

 

ScreenClip

 
過去に話題となったのは体重に比べて長過ぎるスキー板を

使って失格や体重が少なかった等があり

 

 

 

この失格についての賛否両論は有るとは思いますが

 

 
葛西紀明選手には気をつけて

 

盛大にジャンプして欲しいものです。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る