意外と知らない潮干狩りでアサリが取れる時期は?毒貝などの注意

ScreenClip
スポンサードリンク

少し温かくなってくると海などにドライブへ行く

家族などが増えてきます。

 

ScreenClip

 

そんな家族で海に行く予定の人に一度はやってほしいのが

潮干狩り」がおすすめです。

 
潮干狩りは気軽に遊べて食べても美味しい

そして子供達も楽しいと思います。

 

これから潮干狩りを行く人の助けになればなと思います。

 

潮干狩りの時期やアサリなどが取れる時間帯は!?

潮干狩りの時期などについて調べてみると

なんと潮干狩りは時期は、そんなに無く

 

一年間を通して楽しめるとの事です。

 

そして潮干狩りは、その文字通り

 

「潮干狩り」←潮が干く(潮がひく)から来てるので

 

潮が干かなと楽しめる事ができません。

 

まず潮干狩りに行く際は

その場所の潮見表や潮時を見ておく事が大事です。
手軽に潮時を見る方法

 

干潮時刻の前後2時間くらいが

潮干狩りに適しており干潮時刻は

朝刊各紙に掲載されている

 

ScreenClip

※参考画像

 

「あすの暦」などで手軽に確認できます。

また干潮時刻表でも調べる事ができますので

潮干狩りに行く場所や地域を見て

確認しておくとスムーズに潮干狩りが楽しめます。

 

たぶん潮干狩りに関しての

コラムなども書かれているかもしれないので

見ておく事をオススメします。

 

そして潮干狩りが時期ですが

せっかく子供や友達と行くなら取ったアサリや貝などを

 

食べたいですよね!?

 

ScreenClip

 

私も食べたいです。私を含めそんな人の為に

潮干狩りの時期と美味しい時期を調べてました。

 
潮干狩りは4月から5月が良く

調べてみると4月から潮が干く時間が長くなり

さらにアサリや貝などが美味しい時期が

 

5月連休あたり(ゴールデンウィーク)ごろが

砂浜にいる時間も長くアサリや貝などが

美味しいく食べる事が出来ます。

 

そしてアサリや貝類は

7月から8月に産卵時期になると言われており

この時期にアサリは産卵の準備の為に

 

栄養を蓄えアサリ自体も大きくなり

プリっとした状態になり

 

5月~8月が一番長く潮干狩りが楽しめて

取っても美味しいアサリや貝などが食べれます。

 

潮干狩りに行く際に注意点!毒貝ってなんぞ?

 

潮干狩りでアサリや貝を獲るのも

食べるのも楽しいですが

 

ScreenClip

 

毒貝」「貝毒」というものがあるらしく…

 

原因はアサリや貝などが

植物プランクトンのアレキサンドリウム属と

ジムノディウム属を食べ毒化していくらしいです。

 

毒貝の貝を謝って食べてしまうと

・顔面の痺れ

・下痢、嘔吐

・全身麻痺

などが起こります。

 

対策としては先程お伝えした時期意外での

潮干狩りを避ける事が安全な策と思います。

 

それぞれの内容を踏まえ注意して

家族や友達などを引き連れて

 

潮干狩りを楽しんでください。

アサリは君たちを待ってますよ。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る