台風と熱帯低気圧と温帯低気圧って関係している?ハリケーンとの違いは?

ScreenClip
スポンサードリンク

予定していた旅行が

 

台風で流れた…」

なんて経験ありませんか?

 

私も旅行や外出予定をしていて台風で

ポシャった(無くなった)事があります。

 

ScreenClip

 

また出かける際は必ず天気予報で台風情報を

見ていますが私のような素人に理解できるのは

台風の場所と進路ぐらいです(汗)

 

台風速報でも…

発生した台風が温帯低気圧に変わりました。

現れていた温帯低気圧が台風に変りました。

などと、チンプンカンプンです。

そこで私と同じように思っている人が

多いと思い、いくつか調べてみました。

 

また海外ニュースなどでよく耳にする

ハリケーンと台風の違いなども調べてみました。

 

台風とは何か?

まずは台風とは何か知っておかないと思いまして

台風

熱帯の海の上で生まれた低気圧

熱帯低気圧が進化した状態

最大風速(平均10分間)がおよそ17m/s以上のもの

上記条件が台風と呼ばれるものでした。

 

熱帯低気圧と何が違うかというと

風の強さ(風力)の違いで変わるみたいです。

 

台風が日本列島に上陸する頻度ですが

夏~秋にかけて発生しやすく

 

だいたい10個現れ上陸するのは

3~4個ぐらいと言われておりました。

 

台風とハリケーンの違いは?

調べてみると日本の台風違いは

元は熱帯低気圧ですが呼び名が違いや

 

世界のどの場所で発生したかにより

違いがあるらしく台風の仲間とも

呼ばれているみたいです。

 

ScreenClip

 

・ハリケーン(太平洋 赤道より北で東経180度より東、大西洋)

・サイクロン(インド洋、南太平洋)

・タイフーン(東アジア周辺の太平洋 赤道より北で東経180度より西)

・トロピカル・ストーム(最大風速17m/s~25m/s未満)

・シビア・トロピカル・ストーム(最大風速25m/s~33m/s未満)

これだけ見ても世界にも沢山の台風や種類が

あるんだなと思います。

なんか技の名前みたいですね。

 

熱帯低気圧と温帯低気圧は性質が違う?

 

1)熱帯低気圧

熱帯の暖かい空気で出来ている

熱帯、亜熱帯の海上で発生する低気圧

前線伴わない

 

熱帯低気圧は陸上では発生せず

経度10~15度の海上で発生すると言われています。

 

また海面湿度26度以上の海域で発生する為

寒流が流れる南太平洋の東部

南大西洋では発生しないと言われています。

 

熱帯低気圧が発生しやすいのは

海面温度の高い夏から秋がの時期が

多いみたいです。

 

また偏西風や貿易風の影響で

台風またサイクロンにも変化するみたいです。

 

ScreenClip
2)温帯低気圧

熱帯低気圧とは逆に海上ではなく陸上で発生

寒気と暖気の間で発生

前線伴う

 
熱帯低気圧が発生して台風に変り

台風が北に進むと寒い空気が侵入してきます。

 

その為、寒い空気との合わさり

前線が出来ます。つまり温帯低気圧は

台風の終着点みたいなものですね。

 

しかし中には温帯低気圧から

再び台風となるものあるみたいです。
他にも色々と違いがあると思いますが

 

それぞれの性質を分かった上で天気予報や

台風情報を見なおしてみると少し頭がよくなった気になり

以前より理解できるかもしれませんよ。

 

 
台風で嫌な思いをするかもしれませんが

これぐらいの感じで台風を笑いに変えられれば

楽しいですね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る