【急変】スキー事故のシューマッハの状態が…【医師が答えた】

ScreenClip
スポンサードリンク

昨年12月29日にスキー事故で
頭部を強く打ち入院中のF1レーサー

ミハエル・シューマッハさんですが

 

シューマッハ!順調に回復と思いきや!?

 
どうやら容体が急変している事が

 

ScreenClip

 
母国ドイツメイディアからの発表で露わになりました。

 

スキー事故をし手術で頭蓋骨(ずがいこつ)の

一部をとりなどの処置が行われ以前の発表では

 

「驚きの回復力」などと報道されており昏睡状態が続いておりますが

危険な状態になる恐れもあると答えておりました。

 

 

脳神経外科医師や関係者が答えたシューマッハさんの状態

 

今回の脳へのダメージが思いのほか大きく

今は人工的な昏睡状態におかれている

シューマッハさんですが

 
通常考えられる昏睡状態は2週間とされており

シューマッハさんの場合はスキー事故が

 

 

起こったのは昨年12月29日となりまして既に

2週間以上も経過しているとの事。

 

容体は今だ変わらす同じままと答え…

 
シューマッハさんの昏睡状態は生涯にわたり

維持される可能性があり今回の頭部への負傷は

 

 

人間に起こりうる中で最も複雑な

ケガの一部とコメントしておりました。

 

 

 

まだまだ安心は危険な状態なシューマッハ

 

 
このまま容体が変わらなければ

別の病気の疑いもあり出血、感染症が無いか

 

何度も脳スキャンを繰り返して原因を

追求しているとの事です。

 

また回復に進んだとしても性格変化や言語障害に

なるケースも考えられるとの事で油断は禁物みたいです。

 

シューマッハ関係者による公式発表は

シューマッハさんの妻、コリーナ夫人が

 

 

ScreenClip

 

入院中の病院の前からメディアを帰らせるように要求してからは

シューマッハ関係者や病院からの発表は

未だ行われていないみたいだ。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る