【ソチ五輪で事件】ソチオリンピック選手に脅迫状【過去も!?】

ScreenClip
スポンサードリンク

2月7日にソチオリンピックが開幕するにあたって

不穏なニュースが舞い込んできました。

 

なんと!?
ソチオリンピック出場選手を誘拐すると脅迫状が届いたらしい

 

ScreenClip

 
また他にもテロ攻撃を加えるなどの脅迫があり

 

国際オリンピック委員会はこの問題に頭を悩ませているみたいです。

 

 

ソチオリンピック出場国選手で脅迫状が届いた選手は?

 

 

届いた脅迫状の内容にはアルペンスキー女子回転競技に出場する
2人の選手を誘拐すると書かれていたみたいだ。

1人目はメダル候補と言われているオーストラリア代表の

 

ScreenClip

 

ベルナデッテ・シルトさんだ。
そしてもう1人はスケルトン競技女子に出場する同じく
オーストラリア代表のジャニン・フロックさん

2人を指名した模様です。

 

 

ScreenClip

 

ソチオリンピックに脅迫状を送りつけた犯人は!?

 

 

国際オリンピック委員会、オーストラリア内務省からの発表では
誘拐の脅迫状はロシア語で書かれており

ロシア郵便で2月3日に届いたみたいです。

 

 

気になる犯人は詳しい事は、まだ発表は無いですが

 

 

ソチオリンピックへ攻撃予告動画をインターネット上に上げている

ロシア南部・カフカス地方に存在するイスラム武装勢力ではないかと

 

思われ早急に捜査を進めているらしいです。

過去にも誘拐事件があったオリンピック

 

 

ScreenClip

 
実は過去にもオリンピックで誘拐や事件がありました。

 

1972年・ドイツ・ミュンヘンオリンピックで

 

参加選手11人が殺害される事件があり犯人はパレスチナ武装組織とされておりました。

 

 

 

また2008年・北京オリンピックで出場選手や観戦に訪れた人などを狙った

 

 

 

誘拐計画があったとされておりテロリスト35人を逮捕したという
事件もあったみたいです。怖いですね…

 

 

 

今回のソチオリンピック選手を狙った誘拐脅迫事件も

 

 
選手に不安を与えるので、いち早く解決して欲しいものです。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る