お正月の定番!お節料理の意味って知ってます?おかずの解説もあり

お節料理、意味、解説
スポンサードリンク

お正月、元旦に食べられるお節料理ですが

大人になると聞かれても困らないようにしておきたいと思い!

 

ScreenClip

 

お正月の定番のお節料理(おせち料理)について

色々と調べてみました。

 

 

お節料理(おせち料理)の意味は?

 

 

お節料理はもともと時代はさかのぼりますが

 

平安時代になり神様にお供えしたのが

 

元となり節句料理の1つとなります。
まぁ簡単に言いますと年の初めに有り難い料理を食べると
受けとってもらっても良いかもしれません。

 

 

ホントはもっと色んな意味があるかもしれませんが

 

説明が難しそうなので簡単な答え方ですいません。

 

ScreenClip

 

お節料理(おせち料理)を重ねる意味は?

 

 

またお節料理は重ねてありますよね。

 

あれは縁起を担ぐ為に重ねたそうですね。

 

 

重ねる意味も他にもありますが
うんちく程度の話になりそうなので

 

気になる人は調べてみても面白いかもしれません。

 

 

 

 

お節料理(お節料理)の食材の意味について

 

またお節料理は長持ちするという事も言われています。
日持ちする食材や料理の仕方となっており

 

 

 

妻や、いつも料理を作ってくれている人を

 

休ませるという意味もあります。
また祝い肴三種という言葉を聞いた事ないでしょうか
これは数の子、黒豆、田作り、たたきゴボウとあります。

 
関東と関西では数の子と黒豆は同じですが
関東では田作り、関西では、たたきゴボウとなり少し違います。

 

 

 

どちらも同じ意味になりますが

 

関東関西ともに豊作を願ったといういわれがあります。
お節に入っている他の食材の意味を調べてみました。

 

ScreenClip
鯛(めでたい)
昆布は(喜ぶ)
ブリの焼き魚(出世するように)ブリは出世魚となります。
伊達巻(学問成就)
錦卵(錦という言葉が由来で鮮やかで美しいものを指しています)
クリキントン(富を得るという縁起物)
レンコン(先見の目を意味している)
きんぴらごぼう(江戸時代に居た坂田金平にちなんで強くて丈夫さを意味している)
他にも料理に意味がありまして関東関西での料理内容の違いもあります。
元旦にお節料理を食べる際には、ここで説明した内容が少しでも
お役に立てれば良いなと思います。
意味を知って食べると、また考えさせられる部分もあり
面白いかもしれませんので楽しんで食べてください。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る