年越し蕎麦を食べる理由って?四国じゃうどんを食べている!

年越し蕎麦、そば、理由、うどん
スポンサードリンク

毎年恒例行事ですが年末のお大晦日になると

 

年越し蕎麦をたべますよね。

なんで食べるのかを今ままで考えた事無いと思ったので調べてみました。

 

ScreenClip

 

年越し蕎麦(そば)を食べる理由とは?

いろいろと意味は、ありますが

 

 

 

江戸時代に蕎麦を食べる人は病気にならないという言葉が広まって

 

それが今まで続いて食べられているとも言われています。
また他の意味では細く長く生きるという事を祈願して食べるという理由も

込められています。

 

 

ScreenClip
蕎麦は細いのですぐに橋なので切れる事から

 

今年の苦労を切って来年気持ちいい気持ちで迎えられるようにとも言われています。
年末の大掃除をして色んな買い出しをしていると時間が無いという人にも
おすすめで、すぐに茹でて、さっと食べれる事から便利な部分もあります。

 

主婦の見方かもしれません。

 

 

四国は年越し蕎麦(そば)ならぬ年越しうどん!?

 

一般的に蕎麦ですが、四国地方になりますと

 

うどんが蕎麦より有名でして年越し蕎麦ではなく

 

 

ScreenClip

 

 

年越しうどんを食べる習慣もあります。
他にも地域により呼び方も様々です。
また関西地方になりますと運を食べれるという事を意味して
四国同様うどんを食べるところもあります。
最近では、年越し蕎麦を色んな食べ方で食べる方法も結構ありますので
調べてみるのも、また毎年違っかたちで食べられるので楽しいかもしれません。
もちろん蕎麦ですので、ざるそばでも問題無いと思います。
また先ほども述べましたが今年の苦労を

 

切って新たな年を迎えるとも言われて
いるので年が開けてから食べると効果といいますが意味がありませんので
できるだけ今年中に食べてくださいね。
私も今年は違う方法で食べてみたいと思っていますので。みなさんもこの記事に
記載している事を年越し蕎麦を食べている合間に話題にしてみても面白いかも

 

 

ScreenClip

 
しれません。話してみると、また違う意味を知っている人も居るかもしれません。
今年あった色んな事を話しあって来年、いい年を迎えてください。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る