ぎっくり腰の前兆とされる5つのポイント!?いくつ当てはまる!?

ぎっくり腰,前兆,ポイント
スポンサードリンク

ぎっくり腰の(治し方や応、急処置方法、治療期間)などは分かっていただけたかなと思いますが、どうやら、ぎっくり腰には前兆と言われるものがあるみたいです。

ぎっくり腰の前兆と言われるポイントをよく理解しておけば、ならないのは勿論ですが、なった場合でも。

落ち着いて対応できると思うので、よく言われる。

ぎっくり腰の前兆をコレを気に知っておきましょう!

5つのポイントを抑えて!備える!?

ぎっくり腰の前兆には実は様々なものがあるみたいでした。

症状が起きやすい代表的なものを上げさせてもらいますと。

  1. 腰の疲労(体全身の疲労、使いすぎ)
  2. 腰の衰え
  3. 足の裏がしびれる
  4. 寝返りで痛みを感じる
  5. 腰に軽いつっぱり感や痛み

などの5つのポイントが大きく分けた代表的な前兆となるみたいです。

自分の仕事内容と照らし合わせてみるのも良いかと思います。

ぎっくり腰,前兆,期間,仕事

細かく言うと上記で、お話しさせていただいた他にも。

前兆と言われるものは、いくつかありますが大体が、この5つのポイントが関係しているみたいでした。

また普段から体が柔らかい人などになると前兆が目に見えて分かりやすいらしく。

例を挙げさせてもらうと、人によってはストレッチなどをした際に普段は立位体前屈のような前かがみになって手が床につくのに、ある日突然。

手が床につかなくなった…。というような事が起きると言われておりました。
そういう症状が出ている場合は恐らくですが。

ぎっくり腰直前の前兆と考えられる為「いつも、ついてたのになぁ」と無理して床に手をつけないほうが懸命かと思います。

腰につっぱり感が出ている状態が考えられるので述べさせてもらった例が当てはまったらご用心だと思われます(^_^;)

もし「ん!?」というような前兆を通り越して。

ぎっくり腰,前兆,期間,寝起き

ぎっくり腰の症状が出た場合は完全安静にして応急処置方法とるのが良いかと思います。

完治までの期間を過ぎても再発する場合もある!?

充分な完治までの期間を過ぎても、ぎっくり腰は一度経験してしまうとクセになり、何度も再発することがあると言われております。

また朝など起きる際には筋肉が硬くなりやすいと言われている為。

完治期間を過ぎても注意は必要かと思います。

他にもストレスなどの精神的なもので再発する場合もあるので、これにはストレスなど精神的なもので緊張する状態などになると、それにつられて腰周りの筋肉も低下する傾向があるみたいです。

なので適度なストレス発散も大事かと言えます。

ぎっくり腰,前兆,期間,ストレス発散

完治から、ある程度毎日の生活をしていき腰の事を気にせず。

ぎっくり腰の事を全く意識しなくても生活が出来るようになった状態が「治る」という状態と言われておりました。

なので初めは前兆や再発を気にしつつバランスよく生活を心がけるのが良いかと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る