しもやけの治し方でおすすめなのは湿布!?

しもやけ,湿布
スポンサードリンク

寒くなってくると風邪もそうですが身近な事で

気をつけたい症状が霜焼け(しもやけ)です。

しもやけの原因は気温と皮膚との温度差や

遺伝や体質とも言われていますが意外と身近に起きる

血行障害の症状で大人に限らず子供にも多い症状です。

しもやけ、原因、湿布、症状

しもやけに!湿布を貼る!?

しもやけの症状に治し方としては様々あり

塗り薬やマッサージ、さらには熱湯と冷水に

しもやけ部分を交互につけるのが

代表的な治し方と言われていますが

 

しもやけに即効性があり効果的とされているのが

意外や!イガイの「湿布」です。

 

さっきも話した通り、しもやけは血行障害が

原因で起こるとされている為

肩こりや筋肉痛などの際に貼る湿布が良いとされており

就寝時、湿布、治し方、しもやけ

湿布には血行を良くする効果があり痛みを抑えたりする

鎮痛剤が含まれていて、その湿布の効果が

しもやけ特有の痒みや痛みなどをやわらげてくれたり

血行も促進してくれるので、しもやけになったと

気づいた時に湿布を貼ってもらうと効果を発揮するみたいで

 

他にもスプレー式の湿布も効果があるとされております。

 

またサロンパス等の湿布の箱に書いてある説明を見ると

効果・効能の部分に、しもやけとも書いてあります。

しもやけ、霜焼け、湿布、治し方

医学的の正式な証明が無いので、あくまで民間療法的な

感じて捉えてもらい湿布が良いと思い全ての湿布に

「しもやけに効く」とは書いてない場合も

あるので注意してくださいね。

 

湿布を使う時は寝る前に貼るのがおすすめ?

こちらも民間療法になりますが、しもやけになった時に

湿布を貼ってもらい一手間かかるかもしれませんが

就寝時つまり寝る前に湿布を再び貼ってもらうと

寝ている間も、しもやけ部分の血行促進に働いてくれるので

おすすめな治療法と言われています。

 

ポイントとしてはお風呂で、しもやけ部分を入念に

マッサージしてから貼るのが良いかと思います。

 

寝る前に再び貼るというのは面倒だなと思いがちですが

治る期間などにも変化があるみたいので

ちょっと工夫次第で対策が出来るので参考程度に

ご覧いただき湿布の治療法を試していただけたら幸いです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る