妊婦・妊娠中の方はマグロに注意!摂取量を超えると危険?水銀が原因など

妊婦,マグロ,水銀
スポンサードリンク

マグロ(鮪)というと日本人でも1番多く食べている人が多い

魚じゃないでしょうか。

 

私もマグロは好きでお寿司屋さんに行くと何皿も食べてしまいます。

 

maguro

 

しかし妊婦や妊娠している人になると話しは異なるみたいで

マグロの摂取量を超えると危険と言われているみたいです。

 

なぜ?妊婦・妊娠中にマグロを食べてはいけないのか?水銀が原因?

妊娠中や妊婦などの方は食事に気をつかう人も

多いと思いますが、なぜマグロがダメなのか?

 

これは誰かが話したことでは無くて厚生労働省なども

注意を呼びかけています。

 

またマグロに限らず他の魚も注意を呼びかけているみたいで

それはマグロなどに含まれる水銀が関係しているみたいです。

 

ScreenClip

 

マグロなどの魚介類はDHAやタンパク質といった

栄養を多く含まれますが、その反面!?

マグロなどがエサを食べた時に自然界に存在する

 

食物連鎖の過程で水銀も一緒にマグロの体内に蓄積され

その水銀は「メチル水銀」といわれ有害なものとされてます。

 

水銀と聞くと水俣病などを考えると思いますが水俣病の水銀よりは

低レベルな水銀と言われてますが

 

妊婦や妊娠中の時にマグロなどの魚介類を食べると

水銀が体内に入りお腹の中にいる胎児に影響が出たり

神経系統に障害が出ると懸念されています。

 

メチル水銀を含んだマグロ以外の魚介類は?ツナ缶は良い?

クロマグロ、メバチマグロ、ミナミマグロ、キンメダイ

メカジキ、マカジキ、キダイ、キンメダイがメチル水銀を

含んだ魚になります。

 

ScreenClip

 

他にもバイガイやヨシキリザメ、マッコウクジラなども水銀があると

言われております。

 

海外などでは水銀を含んだ魚の中でも

マグロが特に危険視されているみたいです。

 

妊娠中や妊婦がマグロを食べていい摂取量は?

マグロや水銀を含んだ食べ物を食べては

いけないというワケでは無いみたいで摂取する量が

関係しているみたいです。

 

妊婦や妊娠中の人が摂取して良いとされる

マグロの摂取量の目安は1週間当たり80グラム程度

 

ScreenClip

 

 

メバチマグロやキンメダイなどもふくまれます。

 

他にもマカジキなどは1週間あたり160グラム程度

超えない摂取量と言われてます。

 

妊娠を確認した時から注意するのが目安とされ

出来るだけ一週間に1回までにしてくださいね(^_^;)

 

授乳中の赤ちゃんへの水銀の影響は対象とならないみたいです。

 

あまり考えすぎるとストレスになる事もあると思うので

参考程度にしてもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る