立ち仕事は慢性疲労症候群に注意?むくみの他に下肢静脈瘤という病気に?対策など

mukumi
スポンサードリンク

体のだるさや疲れが取れないという症状には

慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)

 

関係していると話したと思いますが、その慢性疲労症候群が

立ち仕事をしている人にも現れるみたいで

 

むくみなどの症状とは別に

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という

 

ScreenClip

 

病気になるという声もあるみたいです。

 

立ち仕事中に足(裏)が痛い・むくみ|慢性疲労症候群との関係は?

 
いろんな仕事があると思いますが

接客などの立ち仕事をしている人もお多いと思います。

 

私も以前にショップ店員として立ち仕事をしていた経験があります。

 

立ち仕事をした人なら分かりますが仕事をしていると

つい足の痛みや足の裏が痛いといった事が

けっこうあると思います。

 

ScreenClip

 

慢性疲労症候群と立ち仕事の関係は立ち仕事をしていると

常に体が動いている状態とり、足なのに負担がかかる事が

 

多い職業とも言えます。そして疲れが慢性化し

 
頭痛

集中力低下

筋肉・関節の痛み

少しの労働で疲れやすくなる

こむら返り(足がつる)

 
などと言った慢性疲労症候群へと変化していくらしいです。

 

立ち仕事をしている人で思い当たる節がある人は

慢性疲労症候群かな?と症状を改めて確認し注意してほしいです。

 

むくみがサイン?下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という病気に?

 
そして立ち仕事をしている人で女性などに得に多いのが

むくみの症状だと思います。

 

他にも足にコブみたいな、しこりが出来たりすることがあり

1番注意してほしいのが、むくみなどが続くと血流が逆流し足にたまってしまう

 

下肢静脈瘤という病気になる恐れもあると言われております。

 

この病気は、立ち仕事(接客業、美容師、現場仕事)などの人に

現れるみたいで妊婦さんなども下肢静脈瘤になりやすいみたいです。

 

 

ScreenClip

 

 

この原因には血管にあり血管には2つ(静脈・静脈)の働きがあり

心臓から足に血液を送り使い終わった汚れた血液を心臓に戻す働きがります。

 

その際にむくみなどを起こしている場合は

血管の中にある弁(べん)に不具合が出て正常に血液を

 

戻せなくなり血液がたまり、むくみやコブが出来たりという

症状が続き下肢静脈瘤になります。

 

立ち仕事が原因で下肢静脈瘤ならない為に出来る対策は?

 
毎日、立ち仕事です!という人へ下肢静脈瘤にならない為に

 

今日から出来る対策としては

 
寝る時などに足に座布団でも良いので

足を高くして寝ると足の血液がたまるのを防ぐ対策になります。

 

 

eri

 

 

他にも足に負担をかけないような自分にしっかりして

動きやすいスニーカーなどを履いたり

 

むくみ防止のストッキングなどを使うと効果的と言えます。

 

むくみの症状が続いた時は普通のむくみと思わず

近くの医師などに相談し早期解決が鍵となります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る