ロキソニンの副作用で頭痛が起こる?妊娠初期や授乳中は危ない?

ScreenClip
スポンサードリンク

タイトルを見てびっくりしましたか?

 

私も驚きました。

ロキソニンの副作用で頭痛が起こるなんて思いもしませんでした。

 

そこで!

 

ロキソニンの副作用や頭痛などが起こるのか?

またロキソニンは妊娠初期や授乳中は服用したら危ないのか?

 

など気になる部分をピックアップして

調べてみましたッ!

 

 

ロキソニンの副作用で頭痛が起こるの?他の副作用も調べた

ロキソニンは頭痛や痛み止めの時によく服用されています。

 

「なのになんで!」頭痛を止めたくて服用したのに

 

ScreenClip

 

服用が出るのかを調べてみますと。
薬物乱用頭痛とストレス
と言うのがロキソニンの副作用からくる頭痛と言われており

原因はロキソニンが効くからと言って

 

少しの頭痛などが気になり過剰に服用しすぎる事が原因

なるみたいです。

 

また効果が切れるなどの恐れからストレスが溜まり

そのストレスがまた頭痛を起こす原因とも言われているみたいです。
他のロキソニンの副作用は
口内炎

発熱

胃痛

下痢

肌荒れ、じんましん

体重増加
「え!?」ロキソニンって良い薬じゃないの?と

思わず疑ってしまいそうなぐらい副作用が沢山ありますが!?

 

 

しかし!それは飲み方の原因が主なので
ロキソニンの飲み方服用の仕方をしっかり把握すれば
ロキソニンは即効性と持続性などがあり良い薬と言えます。
また頭痛や生理痛などにも処方されているので

 

ロキソニンの副作用などが気になる場合は

 

薬剤師や医師などの説明をしっかり聞き服用前などに

 

注意事項なども良く読み正しく使うことが良い方法だと思います。

 

 

 

ロキソニンの服用は妊娠初期や授乳中は危ないのか?

 
ロキソニンを妊娠初期・授乳中などに服用すると

副作用が出る事について調べてみますと

 

ScreenClip
ロキソニン(妊娠初期)
基本、妊娠初期の服用は禁止されており

妊娠初期などにロキソニンを服用すると副作用が出ると言われており

 

ロキソニンが原因で胎児の動脈管を閉じてしまう可能性があると

 

近年報告さているみたいで妊娠初期の段階で医師などからも

服用を進められる事は余程な事がない限りロキソニンの服用を進められないみたいです。

 

 

ロキソニン(授乳中)
授乳中のロキソニン服用は禁止されているみたいで

原因はロキソニンを服用したお母さんが赤ちゃんに授乳をすると

 

ロキソニンの成分が赤ちゃんの体内に入るという事があるみたいです。

 

ScreenClip

 

知らずに飲んでからでは遅いので授乳中にロキソニンの服用を

考えている人は必ずお近くの薬剤師や医師への相談をしてください。

 

ロキソニンの副作用で起こる頭痛や妊娠初期・授乳中は危ない?などを調べた最後に

 
どうでしたでしょうか?

ロキソニンの副作用や妊娠初期や授乳中などについて

 

調べさせてもらいました。

 

何かの参考にしてもらえれば幸いです。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る