エボラ出血熱|日本にも被害拡大!?感染経路や症状など

エボラ出血熱,日本
スポンサードリンク

ただいまアフリカ周辺地域で被害を拡大しているのが

 

エボラ出血熱という恐ろしい感染症です。

またアジア圏内にもエボラ出血熱の感染者が

現れたみたいで日本だから関係ないと考えていると

 

ScreenClip

取り返しの付かないことになります。

エボラ出血熱は日本にも拡大する!?感染経路・症状など

 

ここで注意したいのがエボラ出血熱は日本にも

流れてくるのかということです。

ScreenClip

エボラ出血熱の感染経路は主に皮膚からエボラウィルスが

入ると言われております。

 

他にも挙げられるエボラ出血熱の感染経路

 

  • 唾液
  • 血液
  • 動物
  • 排泄物

 

などに触れたり皮膚に付着したりすると感染の確率が

高くなってきますが空気感染は今のところの発表では

しないみたいです。

エボラ出血熱の症状

 

体のあらゆる部分から出血

内蔵が溶ける

下痢/嘔吐

症状を見るだけでも恐ろしい感染症と言えます。

また日本人看護師(医療団体)がアフリカの現地などに

派遣されている人も何人か居ると思うので

これからの動向や状況の変化に注意が必要と言えます。

 

なぜ!?エボラ出血熱がアフリカで拡大したのか?コウモリが原因?

 

本当かどうか分かりませんが世界中の有名な医療団体などが

派遣しているのにどうして?

 

エボラ出血熱が無くならないのかは

現地のアフリカの人にはエボラ出血熱は

「神の呪い」だと話し現地で採れる薬草などを使い

 

医療団体が用意した薬などを使用してくれないみたいです。

ScreenClip

またエボラ出血熱はコウモリなどにいるウィルスが元になり

野生動物を食べたりする風習や習慣がついているのも原因となります!

 

医療団体のコメントでは現地の人が話しを聞いてくれないので

「制御できない状態」と話しているみたいです。

 

現在ではワクチンなども無く予防としては

感染地域(アフリカ中央部)へ近づかないという事みたいです。

 

ScreenClip

恐ろしい感染症のエボラ出血熱をワクチン開発なども含め

いち早く治してほしいものです。

 

 

現在も日本、中国、アメリカなどへも警戒を強めるように

呼びかけが広がっているみたいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る