対処方法を知っておきたい子供の成長痛(赤ちゃんも)原因は?

ScreenClip
スポンサードリンク

子供や赤ちゃんが泣く原因は色々とあり

お腹が空いた、おもちゃが欲しいとかで泣くのは

 

まだ可愛いものかもしれませんが

ちょっと可哀想なものあり何かと言うと

 

成長痛」です。

 

成長痛は子供の成長期などに起こると言われております。

 

また成長痛は小学生~中学生に多いとされてますが

赤ちゃんを含め2歳~3歳の頃に

おこる成長痛もあるみたいです。

成長痛について原因や対処法など調べてみました。

 

成長痛っていったいどんな症状?

成長痛がどんなのかを調べてみると

成長期の子供に発症し痛みを伴う症状みたいで

 

病気の総称ではあるみたいですが

明確な病気の定義は存在していないみたいです。

 

一般的な成長痛とされている症状

 

2013121715830
幼児(赤ちゃん)から中高生の成長期に

足首、足の甲、ふくらはぎ、ひざ、かかと、等の

下肢(人の足、脚部)に痛みを伴う症状

特有の症状や特徴をもつ痛みあり

これらの症状を現在では「成長痛」という。

 
上記でお教えしたのが成長痛という症状です。

 

そして赤ちゃんにも出るとされており

赤ちゃんの夜泣きなどは成長痛が絡んでいる

場合もあるかもしれません。

 

ScreenClip

 

赤ちゃんや幼児を持つ親御さんは

覚えておいて損は無いと思います。

 
また成長期で子供に一番多いと言われているのが

 

ひざ」の痛みです。

成長痛で辛い思いをしている子供の中には

夕方、夜、夜中に大泣きする子もいるみたいです。

また成長痛は必ず出るとは限らないみたいで

成長痛を訴える子供もいるとされています。

 

ScreenClip

 
赤ちゃんは勿論ですが幼児時代や子供時代の

記憶を忘れているかもしれませんが

実は私も成長痛を感じた事がありません(^_^;)

 

成長痛の原因と対処法を調べてみた

成長痛には主に2種類の原因があるみたいで

 
■自律神経による成長痛

自分の意思とは関係なく体を動かしている神経

(食べ物の消化、汗、体内血液の循環…etc)

この自律神経の乱れが成長痛の痛みを生む原因と

されており、足やひざが痛いという症状に共通します。

 

ScreenClip

 

■ストレス、疲労による成長痛

成長期にスポーツや部活等で

成長軟骨が傷つきが原因みたいで

運動後、運動中、朝起きた時に

ひざ、かかと、腰に痛みがはしる。

 

成長痛の対処法の紹介

 

・ひざや足などの患部に湿布を貼る

・お風呂などで筋肉をほぐすストレッチ

・柔らかい素材の靴を履く(クッション性に長けた)

・足を安静にする、体を休める

 

子供や幼児が成長痛の痛みを訴えたら是非

行ってあげてください。
成長痛が無くなる最終的な年齢は

20歳頃と言われておりますので

 

子供の成長を見る過程で

 

対処し痛みが中々ひかない場合は

医師などに相談してみるのも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る