ワセリンの副作用でシミが出来る?対策方法は?

ScreenClip
スポンサードリンク

ワセリンを肌荒れや乾燥時の唇などに

良いというのを聞いたことがある人が多いと思います。

 

 

ですが最近聞いた話しですが

 

ワセリンには副作用がある」との事でした。

 
本当にそうなのか?

またワセリンを使用していて

ワセリン副作用が出た時の対処方法などを

調べてみました。

 

 

ワセリンとは?何かのか保湿効果はあるのか?

ワセリンについて調べてみると

 

ScreenClip

 

ワセリンは石油から出来ており

油は水と混ざらない為、外からの刺激などから

 

肌を守るとされ皮膚やアトピーなど

切り傷からの出血を一時的に止める為、

 

上記の症状に多様に使用されてモノとされます。

 
そしてワセリン成分中には水分が無いので

保湿効果は無いみたいです。

 

 

ワセリンの副作用は何がある?

 

 

ワセリンの副作用について調べてみますと

 

皮膚のかぶれなどの炎症

 

 
上記のワセリン副作用で最も注意して欲しい人は

皮膚が弱くアトピーなどの症状を持っている方です。

 

肌が敏感なので普通の量を塗った時でも体が反応し

炎症やかぶれなどの症状がでます。

 
ワセリンの副作用が出た場合は病院などに

相談をし自分の肌にあった薬をもらうのが良いと思います。

 

ScreenClip

 

 

シミ、黒ずみなどの油焼け

 

 
上記のワセリン副作用は紫外線の影響で

油が酸化しシミや黒ずみといった油焼けの症状がでます。

 

しかし最近になるとワセリンの技術の進歩や

精製技術の進歩などで不純物が少ないワセリンが

 

登場してますのでシミなどの油焼けする事は

少なくなったと言われています。

 

 

ですが不純物を全て取り除くことは出来ない為

油焼けの症状がでる人は個人差によりあるみたいです。

 

 

 

ワセリン副作用の対処方法は?

 
ワセリン副作用は体質の個人差により

違ってきますが使い方を注意するだけで

副作用の対処方法がございます。

 

ScreenClip

 

保湿してからワセリンを塗る

 
一番ベストなワセリンの使い方としては

保湿してから、つまり美容液などで

 

肌や唇を保湿してからワセリンを塗るのが

副作用が出にくい対処方法と言えます。

 

 

日中などにワセリンを使用しない

 
先程のシミや黒ずみの油焼けは紫外線が原因と

なる為、紫外線が多い日中などには

ワセリンの使用をやめUVカットクリームなどを

使う事をおすすめします。

 

対策方法としては夜の風呂あがりなどに

ワセリンを使用すると紫外線にさらされない為

 

おすすめな対処方法と言えます。

 

 

ワセリンの副作用について色々と調べてみましたが
最近になるとワセリン品質が良いものが多いので

副作用を、そんなに気にしなくても大丈夫かと思います。

対策方法などもお伝えしたので

 

 

安心して使えると思います。

ワセリンを塗って乾燥などからサポートしてくださいね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る