チョコレートの効能は妊娠中の女性に影響ある!?

ScreenClip
スポンサードリンク

以前に妊娠中の海水浴やプールについて

 

お話したと思いますが

 

妊娠中は何かと普段やっている事に制限がかかることが

多々あると思います。

 

チョコレートもそのひとつと言われており

チョコレートの効能が妊娠中の女性に影響があるという

 

噂があるのを聞いたので

 

チョコレートの効能や妊娠中の女性が食べても

影響無いのか?を調べてみました。

 

 

 

チョコレートの効能を知っておこう!妊娠中や受験生は必見

 

 

ScreenClip

 
<チョコレートの効能と説明>

 

カカオ・ポリフェノール

(動脈硬化予防/抗酸化作用の効能があるとされる)

 

アルギニン

(免疫力アップ効果/成長ホルモン分泌の効能があるとされる)

 

カフェイン

(利尿作用/集中力/記憶力/脂肪分解の効能があるとされる)

 

テオブロミン

(自律神経を調節/リラックスなのど効能があるとされる)
調べてみるとチョコレートには色んな効能がある事が分かりました。

 

ScreenClip

 

チョコレートはカフェインも入っている為

 

 

記憶力を高める効能があるので受験生や試験を目前と

 

頑張っている人に重宝されているみたいです。

 

 

そしてチョコレートの元であるカカオは成分

 

 

脂肪酸の効能はピロリ菌を退治する効能があり

 

 

胃がん、脳卒中などの死亡率を低くするとも言われております。

 

 

 

妊娠中にチョコレートは食べても影響ないのか!?

 

ScreenClip
なぜ妊娠中にチョコレートを食べると影響あるのかは…

 

 

早生まれ、流産の恐れもがある

 
理由のひつとしては先程もお伝えしましたが

 

チョコレートの効能、カフェインが高いのが原因みたいです。

 
カフェインも原因のひとつとして考えられますが

以前にカフェインが胎児などに注意とお伝えさせていただきましたが

 

カフェインの大量摂取が妊娠中に影響されるので

 

チョコレートも量を守って食べてもらえれば大丈夫だと思います。

 

また妊娠中にはストレスが1番大敵とされるので

チョコレートを食べたい時は量を守って

 

食べることが妊娠中にチョコレートを食べても

影響ない食べ方と思います。
チョコレートには良い効能もあるので

量などを守り食べてくださいね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る