コインランドリー|乾燥機でジーンズが縮んでしまった場合の対策は!?

ジーンズ,乾燥機,縮む
スポンサードリンク

コインランドリーに行って乾燥機をかけるのは、ちょっと仕事で忙しくてなどすぐに服を着ていくので乾かないと困るという時に重宝します。

コインランドリーの乾燥機をまわす時間などは以前にお話しさせていただきましたが。

それに続きコインランドリーの洗濯機や乾燥機を利用している方などで。

1番気になるのが!コインランドリーに行き。

ジーンズなどを洗濯機や乾燥機にかけた時に縮んでしまった…というような声をよく聞くと思います。

この縮むことには乾燥機うんぬんよりもジーンズ、デニム、ジーパン。

ジーンズ,乾燥機,縮む,デニム,コインランドリー

呼び方は色々とあり細かく言うと違いなどもあると思いますが(^_^;)

ジーンズの縮むことには材質や生地にも問題があると言われております。

縮む原因は生地にあった!?

ジーンズを乾燥機に入れる前に知っていてほしいのが。

自分の今履いているジーンズの種類や生地、材質が原因で縮んでしまうという問題が左右されるとされていました。

注意してほしい材質(合成繊維、交織、混紡)で種類はなどは。

  • レプリカ物
  • ビンテージ
  • 古着
  • ノンウォッシュ系

とされ乾燥機を使う事をおすすめできかねるかもしれないというふうに言われていおりました。

また購入したジーンズで裾上げなどをしている場合は辞めたほうが良いとされておりジーンズについている革パッチなどもモノによっては縮みやひび割れの原因にもなるみたいです。

他にも古着などのジーンズになると生地や材質が。

古着と言っているだけあり既に弱くなっているので縮む場合は仕方ないかもしれませんが。

酷い場合は破れるケースもあるとされており、リーバイスなどから出ている復刻版つまりレプリカですね。

でも復刻版は独特の渋さがありカッコいいですよね。



この場合も乾燥機に入れて縮んだ場合はジーンズの生地にノリがまだ残っているという事が原因で縮むこともあると言われておりました。

合成繊維で作られているジーンズも注意が必要で合成繊維は熱に弱いので乾燥機をまわす時間などを間違うと確実に縮む恐れがあるので注意が必要です。

せっかくお気に入りのジーンズを手に入れたのに破れてしまったら元も子もないと思いますので。

ジーンズを乾燥機にかける際には自分のジーンズが何の生地、材質かをチェックする事が縮む事を避けられ対策に繋がると思いますので。

まずジーンズをチェックするのがポイントかと思います。

元に戻る場合もある!?

え?こんな方法で一度縮んだのに元に戻るの?と思ってしまいましたが。

これにも材質や生地の関係はあるみたいですが。

縮んだジーンズを再び履いてると自然と元に戻るケースもあると言われておりました。

他にも先程ジーンズ生地にノリが残っていることが原因で縮む事があると述べさせてもらいましたが。

その場合は約30度ほどの、ぬるま湯で洗剤を使わず洗っていただくと。

生地に付着しているノリが落とせる方法とされていました。

ジーンズ,乾燥機,縮む,対策

ジーンズは比較的、手頃に履けオシャレなので私もよく履いています。

たとえジーンズと言えど何度も履いていると愛着がでると思うので。

長く大切に使う為にもコインランドリーに行く前には。

ジーンズのケアや材質を知っておく事は大事かと思いますので参考程度にご覧いただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る