切り傷の時に早く治す処置方法はコレ!深い傷・化膿の場合は何科に行けばいい?

切り傷,早く治す
スポンサードリンク

料理などを作っているとき「痛ッツ」と

切り傷を負ってしまったり

他にもコピー用紙などで指を切ってしまったりと

何気ないことで手や体の部分に切り傷をした経験は

誰でもあると思います。そして1番考えてしまうのが

切り傷を早く治したいという事が大半じゃないでしょうか。

 

切り傷を早く治す!正しい処置方法は?

切り傷をした時は出血がお決まりのパターンですが

この切り傷した時に正しい処置をとることで

早く治すことに繋がると言われております。

 

指を切った時は傷口から出血してきますが、この時は

落ち着いて、すぐにバンドエイドなどで止めずに

傷口を押え自分の心臓より高い位置にあげください。

また間違いがちですが切り傷に消毒液や軟膏を使う人が

ScreenClip

多いと思いますが返って傷口修復を早く治すどころか

遅くしてしまいます。

 

この理由は皮膚にはウィルスや菌を防ぐだめの

酸性バリアなどがあり消毒液などが

そのバリアを洗い流してしまい菌の侵入や感染

させてしまう事があるとされています。

また酸性バリアには水は影響ないので傷口を

流水などで洗うのは大丈夫と言われてます。

ScreenClip

切り傷を早く治したい人向けになりますが

  1. 切った部分の手を真上に上げる
  2. 手の指(5本)をすべて付けて細かく手を振る
  3. 約2分~5分ほど続ける
  4. 包帯か絆創膏で固定

これだけで切り傷を早く治すことが出来るみたいです。

ここで注意したいのは止血しない場合は

上記の行動を血が止まるまで繰り返してくださいね。

処置のポイントは手を下げないことが重要とされ

下げないことで菌やウイルスの侵入そして痛みを防いでくれます。

注意したのは浅い切り傷の場合に試してください。

 

切り傷が深い傷や化膿した時は何科に行けばよい?

ScreenClip

浅い切り傷などの処置方法は分かったと思いますが

では深い傷の場合や傷口が化膿してしまった時には

病院に向かうと思いますが

何科に行けばいいのか?という疑問が

出てくると思います。

 

深い切り傷や化膿した際には(形成外科、皮膚科、整形外科)が

治療対応などにも良いとされおります。

近くに無い場合は外科手術をおこなっているような

病院に向かってください。

ScreenClip

また深い切り傷の時は小さな診療所などになると

傷口を縫うような縫合器具が無いケースもあるみたいなので

切り傷を負って迷った時に慌てない為にも

覚えておいて損は無いと思います。

 

どんな切り傷もそうですが切った時に慌てず

お伝えした切り傷の手当や早く治す処置方法を

頭の片隅に置いておいてもらい

適切な行動をとることが治療や回復に繋がりますので

参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る