敷金なしには!こんなデメリットが?礼金ありなら何が違う?費用・家賃の違いなど

敷金,礼金,デメリット,メリット
スポンサードリンク

敷金なし!という広告や物件をよく見ることが

 

多いですが出るときの退去費用は、どれぐらい?か

など疑問が結構あると思います。

 

私も現在、賃貸に住んでいますので個人的にも気になりました。

 

敷金なし礼金なしの物件のメリット・デメリットは?

 

 

ScreenClip

 
敷金とは?

 

簡単に言うと保証金と捉えてもらったほうが

分かりやすいかもしれません。

敷金は賃料や債務の担保として預けておくお金と

言われております。
礼金とは?

 

礼金は昔からあるみたいで賃貸の部屋を貸してくれる

大家さんなどに「うちの子供などの面倒をみてください」や

感謝の気持ちを込めて渡すという習慣が今でも残ったとされています。

 

 

礼金なし!ありのメリット・デメリットとは?

 

礼金の内容を見る限りでは払わなくていいの?と思いますが

ここがミソで賃貸を借りる時に値下げ交渉などといった

事を出来る部分になります。

 

 

ScreenClip

 

 

まぁこれからお世話になるので礼金なしよりもありのほうが

大家さんの性格や個人差もありますが礼金ありのほうが

後々丁寧に色々とお世話をやいてくれるかもしれないので

 

大学生の子を持つ親御さんなら安全な方法かと思います。

 

敷金なし!ありのメリット・デメリット?

 

敷金は保証金の役目をはたすという事が分かったと思います。

敷金なしとありの違いについて1番大きいとされるのは

退去時の費用が左右すると言われてます。
クリーニング代

違約金

鍵の交換などの費用

若者とのトラブル
敷金なしの賃貸にすると、これだけの費用がいるみたいで

やはり敷金なしよりは、ありのほうが良いような気もします。

 

 

ScreenClip

 

 

メリットと言うと入居時のお金が抑えられるという事があげられ

退去時に費用などは、ありますがスグに引っ越しを考えている人などには

 

すぐに入居できるので出張などのサラリーマンなどには

おすすめかもしれません。

 

敷金・礼金なしとありでは家賃はどれぐらい違う?

 

場所にもよりますが家賃は敷金・礼金なしになると通常の金額より

約2万円ほど上乗せされるみたいです。

 

退去の費用は物件により様々となっているみたいで

約10万円ほど必要になった人もいるみたいで

 

だいたい家賃の2ヶ月分いると思ってもらったほうが

突然言われた時にメンタル的にも良いと思います(^_^;)

 

 

ScreenClip

 

 

またタバコのヤニやクロス貼り替えなどもあるので

敷金・礼金ありの場合でも約15万必要と言われたという

人もいるみたいです。
敷金・礼金なしの物件に入居しようと思っている人は

契約書などをよく読み、不動産屋さんに色々聞き

 

費用などを、しっかり聞いておく事が必須と思いますので

自分にあった賃貸選びをしてくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る