なってからは遅い夏バテ 原因と対策を知る夏野菜も効果的

ScreenClip
スポンサードリンク

夏が間近になってくると普段大丈夫な事でも、

「あれ?なんだかダルい」と思うことないですか?

その症状が出てきた人は赤信号です。

ScreenClip

ズバリ「夏バテ」と言ってもいいです。では夏バテが来てから、

対策をとるのは宜しくないので先に夏バテの事を知っておこうと思い、

夏バテについて、いくつか調べてみたので参考にしてください。

来る前に夏バテの原因と症状を知っておく

夏バテになってからでは遅いので知っておくと言うことで、

気になる夏バテの原因や症状をいくつかあげてみました。

 

夏バテの原因と症状

一番の夏バテの原因は体の体温調節が効かなくなり、

体の自律神経機能が下がることで夏バテが起こるとされております。

現在ではデスクワークをする人に得にお多いとされており、

ScreenClip

長時間、冷房のきいた部屋で座り、そして冷房を入れたまま、

睡眠をとったりした状態で室内や外へ出たり入ったりすると、

外と中の温度差で体温調節が変になり夏バテになる確率が高くなると、
されております。

また女性などには夏バテと冷え性が一緒にくるという人もいるみたいです。

 

夏バテに多い症状

消化不良、食欲不振、過労、冷え性

他にも胃がもたれたりなどがあり、

いつもより疲れが取れない状況が起こり、

その原因は暑さで汗をたくさん体から出した時に、

必要なミネラルやビタミンが多く出てしまい体内の機能が低下して、

何もしていないのに「ダルい」という症状を引き起こします。

 

夏バテの対策は夏野菜を摂取するのが効果的

食欲不振などの夏バテ症状が出てきた時には、

季節的にもサッパリしたもので済ませたいものです。

ScreenClip

そこで夏野菜が効果的と聞いたので紹介します。

枝豆

飲みの席で有名とされている枝豆ですが、
ビタミンC、B1、B2などを含みまた食物繊維も多いので、
夏バテには効果的な夏野菜

ゴーヤー

ゴーヤは沖縄でも健康の食材と言われており、
ビタミンC、B1、カリウム、カロテンを含んでおり、
バランスの言い夏野菜とも言えます。

トマト

クエン酸やリンゴ酸を含み胃酸分泌や食欲増進効果があり、
抗酸化作用が強く水分も多く含んでおり夏バテに、
もってこいの夏野菜

他にも夏バテの原因を打破する効果抜群な夏野菜は沢山あるので、

気になるかたはお調べください。

夏になると海水浴や山登りと楽しい事が多い季節なので、

夏バテで出来ないなど言わないように対策を前もって行い、

楽しい夏を過ごしてくださいね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る