土用の丑の日に鰻(うなぎ)を食べる理由と由来は?

ScreenClip
スポンサードリンク

毎年のことのように、そして今年もたぶん食べると思いますが

土用の丑の日に食べる鰻(うなぎ)ですが

 

当然のように、うなぎを食べていたのですが

 

ScreenClip

 

え?なんで、うなぎを食べるんだろう?

 

土用の丑の日ってなんやねん!?って個人的に

 

疑問がいくつか出てきたので土用の丑の日に

うなぎを食べる理由や由来について調べてみました。

 

うなぎで有名になった土用の丑の日ってなんぞや?

土用の丑の日は、いくつか調べてみると

「土用」と「丑の日」2つに分かれて意味があるらしく

 

土用は古代中国の思想が関係しており

 

ScreenClip

 

中国では自然界のあらゆる物事に…

木、火、土、金、水)を合わせる

「陰陽五行説」という考えがあるみたいで

その陰陽五行説を季節に当てはめる考えが新たに出来て

木ー春

火ー夏

金ー秋

水ー冬

土ー(;・∀・)!?

そして季節を当てはめると…え!?

「土」が無いがなぁぁ!となったみたいです。

 

そこで色々と説があるみたいですが

 

土は季節の終わりに割り当てよう

土は性質全ての季節に均等に存在するようにしよう

 

などの声があったみたいで

 

各季節最後の18日~19日を「土用」となったみたいです。

 

※現在の一般的な土用と言われているいるのは?

立春の前約18日間(1/17~2/3頃)

立夏の前約18日間(4/17~5/4頃)

立秋の前約18日間(7/20~8/6頃)

立冬の前約18日間(10/20~11/6頃)

 

<土用丑の日>にあたる土用は

 

立秋(8月6日、7日、8日)の18日前の期間になります。
丑の日は…十二支のの丑を指し昔から十二支は

(月、方角、時間、日)を数えるのに使われていて

その数えからきているみたいです。

 

そして先程伝えました季節の中にある

各土用の中で丑の日に当たる日が「土用丑の日」

言われていたみたいです。

 

土用の丑の日に鰻(うなぎ)を食べる理由と由来

なぜ土用の丑の日に、うなぎを食べるようになったかと言うと

複数の理由や由来があるみたいで時代はさかのぼり

江戸時代からとされているみたいで

 

ScreenClip

 

1、平賀源内説

江戸時代の蘭学者で有名な平賀源内(ひらがげんない)が、

まったく流行らず売れない

うなぎ屋を盛りあげる為に

「本日、土用の丑の日」と店先に

張り紙をしたところ大繁盛をしたのが由来とされる

 

2、丑の日(うのひ)の語呂合わせ?

なんじゃそりゃと思ってしまいますが

土用の丑の日は季節の節目に当たり

丑の日→うのひ→うなぎ

語呂が良いぞとなり

新しい時期にいく前に体力を付けて

滋養強壮が強いうなぎを食べて乗り切ろうという

意味合いも重なって

「土用の丑の日はうなぎの日」と

習慣が出来たのが由来

 

ScreenClip
また他にも色々と土用の丑の日にうなぎを食べる由来などが

沢山あるので興味のある人は調べてみると面白いかもです。

 

土用の丑の日は毎年来きて意味を知ってる?と聞かれる事も

あると思いますので覚えておいても楽しいと思います。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る