カフェインって子供に影響あるの?胎児は注意?

ScreenClip
スポンサードリンク

カフェインと聞くと色んな飲み物が

連想できると思います。

 

普段の生活の中でもカフェインを含んだ

飲み物や食べ物が結構あります。

 

ScreenClip

 

お茶、コーヒー、紅茶、チョコレートにも

含まれており

 

 

そしてカフェインは子供には

あまり飲ませないほうがいい

妊娠中(妊婦さん)にはダメとか

色々と影響があると言われているみたいで

 

カフェインがどう子供や妊婦さんに

影響があるのかを調べてみました。

 

私も仕事の合間に紅茶をよく飲むので

体にどんな影響があるのか

個人的にも気になりました。

 

 

カフェインの子供や胎児への影響は?

 

カフェインは大人より子供のほうが

一般的に影響があると言われているみたいで

カフェインについて調べている
専門家の調べをみてみますと

意見は様々らしく各意見を見ると

 
■カフェインを多く摂取した子供は

落ち着きがなく、イライラして

攻撃的になる意見

 
■子供に食欲があり睡眠もとれていて

落ち着きがあるなら問題がない意見

 
■子供の成長には影響しない意見

 
そして驚きましたが現状では

カフェインが影響した子供の報告

無いみたいです。

 

「え!?じゃカフェインは子供に影響ないの!」

 

って思ってしまいますが

各専門家の意見なので大丈夫だからと言って子供に

カフェインを過剰にあたえず

摂取する事が良いと思います。

 

ScreenClip

 
また大人もカフェインが影響する

と言われており普段の生活で

 

・胃の痛みがある

・疲労感が残る状態がある

・眠れない事が多い

 

上記内容が当てはまる人は

カフェインの摂取量が影響している

恐れがあります。

カフェインの量を気にしてくださいね。

コーヒーを1日に数杯程度なら

大丈夫みたいです。

 

妊婦さんに胎児ともにカフェインは注意?

 

子供へ対するカフェインの影響は

適量であれば大丈夫みたいですが

 

胎児の場合(妊娠中)には内容が

変わるみたいでカフェインの摂取量が

 

関係しており胎児の流産や死産の

確率を調べていくとカフェイン摂取量が

 

1日平均150mg未満の妊婦さんと

1日平均300mg以上の妊婦さんとでは

 

流産や死産になるリスクが

約2倍になる

という報告があるみたいです。

 

ScreenClip
そして胎児にどんなカフェインの影響が

あるかといいますと

 

カフェインは胎盤(胎児と母を繋ぐ連絡器官)を

通り胎児へ移行されますが

 

胎児の肝臓機能は未熟で胎児自身で

カフェインを排出する事ができず

 

母体のほうで排出、分解するのを

胎児が待つとされており

 

胎児の成長度合いや肝臓機能が

発達でカフェインんの影響も

変わってくるみたいです。
調べてみて分かりましたが

たとえ胎児でも子供でも大人でも

言える事ですがカフェインの大量摂取は

体には良くないという事なので

 

しっかり量などを守って楽しみたいですね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る