疲れた体へ にんにく 効果抜群だが副作用もあり過剰摂取はダメ

ninnniku1
スポンサードリンク

大型連休やゴールデンウィークがが過ぎ、

いつも通りの生活に戻ってくるとアレ?、

なんだか気分が乗らないって事ありませんか?

そんな時にお勧めな食材があるのでご紹介したいと思います。

それは何の食材かと言うと…にんにくです!

ScreenClip

にんにく知っていたよ!と言う人もいるかもしれませんが、

こんな効果がにんにく、にあったなんて!?

知らなかったと言ってもらえると幸いです。

知っておきたい にんにくの効果と効能

まずにんにくは医療機関にも使用されており、

主なにんにくの効果

・免疫力の刺激

・血清コレステロールを下げる

・消化器官

・血圧を下げる

・血液をサラサラ

・心臓発作の助け
にんにくが効く病気

・風邪

・冷え性

・糖尿病

・がん(ガン・癌)

・肝機能障害

・心筋梗塞/脳梗塞

・動脈軟化

・高血圧

・脚気

これだけ見るだけでもにんにくには隠された効果があるんだと思います。

また冷え性にも効くとあっては女性の人は必見ですね。

そしてにんにくは自然の抗菌薬と言われており。

にんにくは摂取した時にアリシンという酵素成分を出す、

アリインアミノ酸を含んでいてアリシンという酵素は、

23種の細菌、6種類真菌、サルモネラ菌を殺菌する効果があり

体内に蓄積した老廃物を体外に排出させる働きを持っており、

そしてにんにく、に含まれるビタミンB1の効果は、

疲労回復、滋養強壮の特効薬ともされスポーツ選手にも好まれております。

ScreenClip

芸能人や野球選手がにんにくにんにく注射に通っている、

なんて話題聞いた事ありませんか。他にも効果はあると思いますが、

気になる人は個人で調べてくださいね。

にんにくの効果は素晴らしいけど副作用もあるよ

にんにくには病気にも効き素晴らしいなと思っていて、

よし!沢山にんにくを食べるぞ!と言う人は…

ちょっと待った!!

にんにくは体に良いのは勿論の事ですが過剰摂取は逆に、

体に毒となります。にんにくは自然食品であるので、

ある程度摂取しても直接的な健康被害を及ぼすことは無いと、

されておりますが先程お伝えした通り強い滋養強壮成分や、

健康促進効果がある反面過剰摂取は体にマイナス効果があります。

にんにくを過剰摂取した場合の副作用

・下痢/腹痛

・胃の荒れ

・お腹のゆるみ

・腸の荒れ

このように色々と副作用がありますので、にんにく過剰摂取は気をつけて、
くださいね。

ninnniku1

まとめるとにんにくは体に良いですがバランスよく摂取するのが、

お勧めですね。摂取内容などを正しく見てにんにくパワーで、

夏バテや体のダルさをふっ飛ばしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る