ゲリラ豪雨の原因と被害の時に対策や危険な場所は?

ScreenClip
スポンサードリンク

ゲリラ豪雨は先日も都心や東日本全般にかけて

激しい雨をまき散らしながらゲリラ豪雨での

 

 

被害や異常気象にみまわれていました。

 
ゲリラ豪雨の原因って何なのか疑問に思い

 

 

これからゲリラ豪雨が来ても被害を抑えれるように

知っておこうと色々と調べてみました。

 
またゲリラ豪雨の対策や危険な場所などについても

探ってみました。

 

 

ゲリラ豪雨は何が原因なのか?

 

 
ゲリラ豪雨について調べてみると…

 

 
短時間で激しい雨が降る

 
狭い範囲で集中的に降る

 
1時間あたり100ミリを超える雨

 

 
というふうな雨がゲリラ豪雨と言われているみたいで

 

ゲリラ豪雨」という名前は気象庁の正式名ではなく

 

マスコミなどが集中的豪雨の呼び方を変えて

 

ゲリラ豪雨と呼ばれるようになったみたいです。

 

 

 

<ゲリラ豪雨になる原因は?>

 

ScreenClip

 
ゲリラ豪雨になるには条件があると言われ

 

条件が重なる事がゲリラ豪雨の原因とされているみたいです。

 

 
条件1)南から暖かい湿った空気が入る

 
雨が降る原因は雲が発生し湿った空気が必要とされ

 

夏の気候は南高北低になり日本南側に高気圧があり

 

高気圧は時計回りに動きその動きに伴い

ゲリラ豪雨へと繋がる雲が出来やすい条件をつくります。

 

 

 
条件2)冷たい空気が南下し急激に発達する積乱雲

 

 

積乱雲は冷たい空気などが流れこみ発生します。

 

そして夏の熱い地面の熱が上空へ上がり冷たい空気などと

 

混ざった時に上昇気流が起きて上昇気流は雲を作りながら

高さ約10キロほどの積乱雲になります。

 

 

ScreenClip

 

 
条件3)上記の条件①と②の状態が合わさる

 

 
条件が合わさった雲の中に大量の水蓄えられ雲が支えきれなると

 

一気にゲリラ豪雨となって地面に降り注ぎます。

 

 

また他にもヒートアイランド現象エアコンなどの熱が原因とも

 

言われているみたいです。

 

 

 

 

 

ゲリラ豪雨の際に注意する対策や危険な場所は?

 

 

 

・地下街…河川などから水が流れてきます。

 
・道路(歩行者/自動車)…ゲリラ豪雨により道路などが冠水する

 
・川付近…ゲリラ豪雨による急激な増水で流される危険性

 
・登山道や登山…川の増水やゲリラ豪雨による土砂崩れ

 
上記の場所は出来るだけゲリラ豪雨がきた際には

危険が伴う恐れがありますので注意してください。

 

 

ゲリラ豪雨への対策方法は?

 

ScreenClip

 
ゲリラ豪雨は予測できない為、

出来るだけこまめに天気予報などをチェックしましょう。

 

また急激に周囲が暗くなったり雷や稲光りが見えた場合

 

ゲリラ豪雨が降る傾向とも言われていますので

 

 

外出などをする際には注意を払って天候の変りに

備えてください。

 

 

ゲリラ豪雨の原因は他にもあると思いますが急に降ってくるので

 

天気予報もそうですが自分の周りの状態をよく確認することが

 

ゲリラ豪雨を避けられる最大のポイントと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る