押印、捺印、押捺の意味や違いと使い方を調べてみた。

ScreenClip
スポンサードリンク

よく銀行などの口座を新しく作る時になどに

 

出てくる押印ですがハンコを押すという事が

 

フィーリングで何か分かりそうですが

押印の他にも捺印や押捺などがあり

 

全ての意味や違いはイマチチ分かってない事が

多々あると思います。

 

 

私も社会人の端くれとして(;´∀`)

 

押印、捺印、押捺の違いや意味を知っておこうと思い

どういう時に使うかなども調べてみました。

 

 

押印、捺印、押捺印の違いはなに?

 

 
押印、捺印、押捺などの各違いを調べてみると…

 

 

ScreenClip

 
押印(おういん)

 

記名などの際に自分の手で記入しないサインのことで

他人に代筆などをしてもらい名前表記する時に使います。

 

署名などと同じ力がありますが法律上などの時に証拠などに

使われる場合は押印は劣るみたいです。

 
簡単に要訳すると…自分で記入していないサインという事ですね。

 

 

 

捺印(なついん)

 

捺印は日常的によく使わており署名やサインなどの時に使われ

記名などよりも署名のほうが証拠力があると言われます。

 

日常生活では捺印のほうが多く使われる事が多く

 

その理由は昔から捺印という名前で使われいましたが

当用漢字(現代の国語を表す漢字)が制定された時に

 

ScreenClip

 

 

捺印の(捺)の字が当用漢字に入らなかったらしく

法律などの証拠の時に使われる公文書などは押印が使われ

 

日常生活などで使う事が多い捺印が残ったとされるみたいです。

 

 

 

 

 

押捺(おうなつ)

 

押捺について見てみるとハンコを押すという意味とされ

ハンコが無い時などに押す拇印など自分の指紋などを押す時に

 

呼ばれるらしく現在では、押捺という言葉は

あまり使われる事が少ないみたいで呼び方の違いと思います。

 

 

 

押捺、捺印、押捺のまとめ

 

ScreenClip

 

最後に押印、捺印、押捺などの意味や使い方などを

調べさせてもらいましたが難しい内容になってしまいましたが

 

証拠など法律上が絡んでくる事が多いですね。

 

日常生活では出来るだけ証拠などを問われる場面に

遭遇したくないですが(汗)

 

 

それぞれの意味を知っておいても損は無いと思います。

もし聞かれた場合に説明できるようになっていれば

 

 

私の想像ですが…

あっ!この人カッコいいと言われるかもしれませんよ(・ω<)

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る