胃薬を飲み過ぎると下痢や眠気などの副作用が出る?対策するには食事から

名称未設定-1
スポンサードリンク

よく会社の飲み会などで遅くまで飲んでしまい

胃薬などを飲んだり、よくすると思いますが

 

実は胃薬も飲み過ぎると副作用などが

あるとう噂があるみたいです。

 

私も胃が比較的、弱いほうなので胃薬に頼ってしまう事が

 

ScreenClip

 

多々あり気になりました。

 

胃薬は飲み過ぎは体に毒?副作用は下痢や眠気の他にもある?

胃薬は基本的、胃の消化などを助ける役目があると

言われており、私もそう思っていましたが

副作用があるなんてビックリでした。

 

胃薬の飲み過ぎなどで起こる副作用はというと
下痢

消化不良

免疫力の低下

ミネラルやビタミン吸収低下
などが胃薬の飲み過ぎで起こる副作用みたいで

なぜ?胃薬は胃などの調子を整えてくれる効果があるのに

 

ScreenClip

 

副作用がでるのか気になり原因を見てみると

胃には食べ物を消化したり正しく機能させる

 

強い酸があり、それが胃薬の飲み過ぎなどで胃酸などを抑えてしまい

本来の機能や器官の役目を低下させてしまい

 

その影響で副作用と言われている下痢や消化不良などの

症状が出てくると言われているみたいです。

 

ScreenClip

 

また胃薬の副作用で眠気などが起こると言われていますが

こちらの原因は人にもよりますが胃薬を飲み胃のムカつきなどの

 

症状が収まったので気持ちなどが落ち着き眠気が出てくるという事が勘違い?

されてか分かりませんが?

胃薬の副作用で眠気が出ると言われている理由となっているみたいです。

 

胃薬にかぎらず飲み過ぎは良くないって事ですね(^_^;)

 

胃薬の飲み過ぎで副作用が出てからでは遅い!食事から対策をッ!

胃薬で起こる下痢や消化不良などの副作用で対策できる方法としては

消化などを手助けしてくれると言われている

 

酵素を多く含んだ食事などで対策する方法がおすすめと言われています。

 

ScreenClip

 

酵素がある食材は野菜だとレタス、ニンジン、セロリ、キャベツ

果物からでも摂取できバナナ、キウイ、アボガド、パパイヤなどです。

 

胃は勿論のこと体内の代謝を活発にする効果も得られるのでおすすめです。

サプリメントなどで摂取しても良いみたいです。

 

また、それでも下痢や消化不良が収まらない場合は

違う症状が出てきているかもしれませんので医師の診察などを受けてくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る