最近多いとされるマウス腱鞘炎とは?ヒドイ場合はサポーターも必要に!治療や治し方など

ScreenClip
スポンサードリンク

マウス腱鞘炎(けんしょうえん)というのを知ってますか?

 

オフィス仕事の人なら一度は聞いた事あると思います。

 

 

ScreenClip

 

 

私は聞くまで知りませんでした(^_^;)

 

 

すぐ治ると思い、放っておくと痛みのスパイラルから

 

抜けられなくなるので早期解決が必須です。

 

 

マウス腱鞘炎とは一体なに?パソコンに向かう姿勢も関係が

 

 

 

マウス腱鞘炎とは

 

(手首・肘・背中・肩・腰)

 

に突然、痺れ(しびれ)や痛みが出る腱鞘炎の1つで

他にもパソコン腱鞘炎マウス症候群などの呼び方があります。

 

 

そもそも腱鞘炎は「使いすぎ」などの理由で

 

おこる炎症のひとつです。

 

 

じゃパソコンやマウスを使う時に手首や肘などの動きに

 

気をつかえばいいじゃんと思われがちですが

 

マウス腱鞘炎はマウスの動かし方なども勿論そうですが

 

 

 

パソコンに向かう時の体制や姿勢が関係しているみたいです。

 

「痛い」と感じてからでは遅いので

 

自分のパソコンやマウスを使っている時の事を思い出してください。

 

 

ScreenClip

 

 

 

パソコンに向かう時の姿勢は出来るだけ肘を90度に曲げ

 

手首周辺にマウスパッドや無い場合は本などを置き

 

 

なるべく画面から50cm以上離れるのが正しい姿勢とされています。

 

パソコンに向かう姿勢などが悪い場合になると

マウス腱鞘炎の他にも肩こりや腰痛などと言った違う

 

 

痛みも関係してくるのでマウス腱鞘炎にならない為にも

 

姿勢には気をつけてくださいね。

 

 

 

マウス腱鞘炎の治療や治し方は?サポーターなどで対応

 

 

 

正直!使わないほうが何よりもの治療になりますが

 

そうはいかない現代社会…。

 

 

マウス腱鞘炎の治療に1番いいとされる治し方は

 
マッサージ・ストレッチ・ツボ

 
リストレストを使う

 
マウスパッドを使う

 
椅子や机の高さを調整する

 
またヒドイ、マウス腱鞘炎の時にはサポーターなどで

 

痛みを軽減するというやりかたもあります。

 

 

 

ScreenClip

 

 

 

気になるマウス腱鞘炎向けのツボやストレッチは?

 
まず手首を上下に90度ぐらいにまげストレッチし

 

 

 

ScreenClip

 

 

親指と人差し指の間になる合谷(ごうこく)という

 

 

ツボを押しながら手首・腕を全体的にマッサージしてください。

 

それでもマウス腱鞘炎が治らない場合は

 

腱鞘炎用の薬なども処方してもらえるみたいなので

お近くの病院などに相談することをおすすめします。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る